自然の無農薬 有機野菜

安全や野菜 安心な食品

食品の安全性が問われています。アトピーやアレルギーに悩む子供達、親御さんも増えています。管理人は医学者ではありませんが、食べ物と無関係ではないでしょう。
それぞれ幅が広く、そして深いテーマ、問題ですが、このサイトでは、農業、有機農法に焦点を置いています。おいしくて、安全で安心な野菜を食べるにはどうしたらいいのでしょう。
このサイト 「I農業 安心・安全な有機野菜のために」では、食の安全性、アトピー、アレルギーについて管理人の経験を踏まえた記事を提供しています。また、直接販売に応じてくれる農家の紹介を行っています。

農業政策

昔から、出荷する野菜や作物と、自分達や知り合いが食べる野菜作物を作る畑をわけているという農家は少なくなかったと言います。農薬や化学肥料を使って効率的な農業をしないと経済的に厳しく、時代や環境もそれを後押ししていました。自分たちが怖くて食べないものでも、組織や流通のはるか先の誰かが食べることに、感覚が麻痺していた農家はけして多くはありませんでした。経済的に満たされることだけが、幸福であることの必要十分条件であると、人々の時代の価値観、コモンセンスになっていたことも大きな原因でしょう。
このサイト「ITと農業 安心・安全な有機野菜のために」では、日本の農業の歴史、戦前戦後の農政について、管理人の思うところを述べています。

有機野菜と ITネットビジネス農業

しかし農家、農業従事者の中には、そんな有り方、自分たちが食べないものを誰かに食べさせることに、素朴に疑問を持つ人がいました。彼ら彼女らは農薬をやめ、肥料も化学肥料をやめた作物、野菜作りに、長年取り組んできていました。時代はJA 農協が力を持ち、農薬も、肥料もできるだけ消費させたいと思い、周囲の他の農家達からは、奇異の目でもみられていたでしょう。
時代が変わり、社会が、野菜や農作物にも安心を求め、わずかずつですが状況は変わってきています。高く売れるならやってみようかという農家も増えてきています。しかし、真摯に有機農法、無農薬農法などに取り組んできた人たちが、経済的に報われているかというと、けしてそうではありません。日本の世帯の平均年収は、約650万円とされていますが、農薬と化学肥料を使わずに取り組む農家達の所得は、まだまだ及んでいないでしょう。
ITやインターネットと小規模な物流(宅急便など)の発達は、中間の流通機構を介さず、直接に農家と消費者を結ぶことを可能としています。一部ではその利用、活用がはじまっています。
しかし、農家に高いITリテラシーを求めるのは難しいことでしょう。また作物を作る、野菜を作ると言う自然や土を相手にする仕事ではなく、直接に消費者と繋がることは、人間相手のサービス業の要素が含まれてきます。野菜を作らせたら日本一の農家であっても、ネットの販売を自ら実施して、うまく結果を出すためには、違うノウハウが必要になります。
このサイト 「ITと農業 安心・安全な有機野菜のために」では、野菜や作物のネット販売に必要なITの技術、消費者を相手にする場合の留意事項、法律的な問題について述べています。


----------------------------------------------
 
 

ピックアップ

Ads by Google


 
TOP ITと農業 お勧めの書籍 無農薬・有機野菜の農家 野菜の通販 宅配 管理者情報