ITと農業 有機野菜

高橋農園のWEBサイト IT で有機野菜は売れるか

管理人は農家ではない。IT会社の技術者だったし役員でもあった。実家は魚のオロシ問屋で、祖父は漁師だw 農業関係者ではないw 野菜は、大学時代のバイトで、八ヶ岳でレタス、キャベツ、白菜などの収穫を手伝った程度の経験しかない。ど素人である。
さて、ここで仮に管理人が農家だとして、東京に在住しているので、「東京の高橋農園」というWEBサイトを作ることを考えたとしよう。高橋さんという農家の方も実在しているような気がするのだが、これを書いている管理人、著者も「高橋」なので、例として「高橋農園」を持ち出しているだけだ。ここで田中さん、佐藤さん、鈴木さんを持ち出すよりはいいだろう。

農家 高橋さんの経歴

仮に・・・の話なので、高橋農園の主人は、無農薬の野菜つくり、そして肥料も化学肥料は排除して、自然な堆肥のみで野菜や農作物をつくる農業を20年やってきた実績があるとしておこう。
苦労もした。農薬によるものとしか思えない死にかたを親戚がしたので怖くなった。
無農薬でやると宣言したら、女房は反対した。農協の役員も、農薬を買えという。周りも農薬をまいてくれないと迷惑だという。水も大変だった。
そのうち変わり者ということで、周りも落ち着いてくれ、石を投げられなくなるまでには10年かかった。
息子が言う。親父は、今の有機野菜や無農薬の農法の十分な経験がある。もっとITやWEBを使って、世の中に売り出そう。そういう時代になっているんだ。

息子にいわれてIT化? WEBを作成することに

さて、我らが高橋農園のご主人、農業一筋の農家でも、IT、インターネットのWEBサイトを作成して、野菜の直販、契約して宅配する消費者を募集することした。
ご主人本人は、あまり期待はしていない。ただ息子がこれをキッカケに農業や野菜に興味をもってくれないだろうかという期待が大きかった。そのために、ITもWEBもよくわからないが、多少のお金なら使ってもいいかと思ったのだ。息子に任せてみようと。
パソコンを買い、NTTと光回線とかいう契約をした。電話なんてほとんどかけない高橋さんだったが、光回線とかの契約の翌月、基本料が、ウソみたいに高いのに驚いた。なんでこんなに。何もしなくてもこれだけかかるのか。
息子は、学生時代の友達で、そういう会社に勤めているという男を連れてきた。何だか難しいことを言うが、軽い男だ。少し話をし、何回か訪問してきて、畑の写真や野菜の写真を撮影していた。
やがでできあがってくる。息子にパソコンで見せられる。大都会東京の片隅で今も頑固に有機野菜、無農薬の農業を続ける高橋農園というのをテーマにしてWEBサイトは作成されていたようだ。青々とした畑、天気のいい日を狙い、青空も。くつろぐ高橋さんと奥さんの写真、高橋農園の看板の写真もある。看板は、WEBで使おうと、急遽、息子が作ってくれた。
契約販売の案内や、農場見学の説明のページも作った。キレイな写真がたくさんある美しいページだ。何やらイラストが動いているページもある。
けっこう立派なもんじゃないか。高橋さんも思った。これなら農場を見ようかという人もいるんじゃないだろうかと素直に思った。
高橋農園日記というコーナーもあった。こんなもの俺は書けないというと、息子がやるから大丈夫だという。何だか気恥ずかしいが、今回だけは、文句を言わずに息子の言うとおりにしてみることにしている。


----------------------------------------------

東京の高橋農園のWEBサイトで有機野菜は売れるか関連ページ

ITを使いWEBサイトを作れば野菜は売れるのか
ITを使いWEBサイトを作れば、農産物は、有機野菜は売れるのだろうか。
高橋農園のWEBサイトの1年後
無農薬、有機野菜を売ろうと作成された高橋農園のWEBサイトの1年後
ゴールを考える
無農薬、有機野菜に取り組む農家がITを使ってできることを考える上で、WEBのコールも重要です

ピックアップ

Ads by Google


 
TOP ITと農業 お勧めの書籍 無農薬・有機野菜の農家 野菜の通販 宅配 管理者情報